家のリフォームについての体験談

注文住宅で建てた私が家のリフォームをしようと思ったのは、築40年という年数からでした。私が住んでいる地域では雪が多く、降り積もると雪が屋根から落ちてしまいます。その勢いで屋根の木材部分が壊れて雪と一緒に落ちてきてしまうのです。古さゆえに、このままにしてはこの家はもたないと感じていました。家の中のほうも床が軋んだり、壁に雨漏りの後が残ったりしてかなり汚れていた状態でした。元々ログハウスのような木のぬくもりが感じられる家にしたいというのもあり、夫と話し合って木材を多く使った家にリフォームしたのです。ただ、リフォームする際はよく計画を立てたほうがいいです。私達は漠然とした考えしかしていなかったため、間取りの位置や台所やトイレの場所など、日頃よく使う部分は、やたら狭くて窮屈な作りになってしまいました。もう少しよく考えてリフォームしておけばよかったなと、後々後悔してしまったのです。ですが、それぞれの部屋には収納スペースをたくさん設け、デザインにもかなりこだわりました。